cozuchi 投資登録

COZUCHI(コヅチ)

不動産投資信託

不動産投資信託

 

投資家から集めた資金で不動産に投資し、賃貸や売却などによって

 

得られた利益を投資家に分配する仕組みの投資信託で、

 

比較的高い分配金利回りが期待できます。

 

REIT(不動産投資信託)

 

不動産投資信託(REIT:Real Estate Investment Trust)とは、

 

不動産を中心に運用する金融商品で、その多くは金融商品取引所に上場しており

 

通常の株式と同じように金融商品取引所において、いつでも売買が可能です。

 

投資家から集めた資金で不動産投資の専門家がオフィスやマンション等の

 

不動産を購入し、購入した不動産を賃貸し、その賃料収入や売却益から

 

費用を差し引いた残りの収益を投資家に分配します。

 

不動産投資信託 おすすめ

不動産投資信託 おすすめ

 

REIT(リート)とは、不動産投資信託のことです。

 

投資信託では、不特定多数の投資家から集めた資金で

 

さまざまな株や債券などに分散投資しています。

 

REITの利回りは、投資口の価格に対する分配金の割合によって算出します。

 

分配金の利回りが高く少額から不動産投資ができるJ-REITは、

 

投資初心者にもおすすめの金融商品です。

 

 

 

 

 

不動産投資信託証券

不動産投資信託証券

 

REIT(不動産投資信託証券)とは、

 

オフィスビル、マンション、倉庫等の不動産を中心に運用される投資信託です。

 

不動産投資信託 利回り

不動産投資信託 利回り

 

REIT(リート)は、投資家から集めた資金を不動産で

 

運用する投資信託で、利回りの高さで注目される

 

ETF(上場投資信託)です。

 

不動産投資信託 リスク

不動産投資信託 リスク

 

REITのリスク

 

REITに対する投資には、主に下記のリスクを伴います。

 

価格変動リスク

 

不動産の評価額や賃貸料等は、不動産市況やマクロ経済等、

 

さまざまな要因による影響を受けます。

 

そのため、売却の際に市場価格が買付価格を大きく下回る

 

可能性があります。

 

流動性リスク

 

市場での取引高が少ない場合には、予期した価格で売買できない

 

可能性があります。

 

信用リスク

 

投資法人の信用状況の悪化や財務状況の悪化により、

 

損失を被ることがあります。

 

収益分配リスク

 

分配金は賃料収入等を原資としますが、経済環境により

 

賃貸料下落の可能性があるほか、賃貸借契約の解約に伴う

 

賃料収入の減少等の可能性もあり、それらは分配金に

 

影響を及ぼすことになります。

 

地震、火災などによるリスク

 

実物資産である建物等が投資対象のため、自然災害・環境問題等の

 

偶発事象等により滅失、毀損又は劣化等の影響を受ける可能性があります。

 

他の金融商品とは異なる固有のリスクといえます。

 

法制度の変更リスク

 

不動産に係る法制度(税制・建築規制等)の変更に伴う

 

規制強化・新規制が生じることにより、不動産等やREITの価値が

 

影響を受ける可能性があります。

 

不動産投資信託 今後

不動産投資信託 今後

 

東京証券取引所に上場しているREIT全体の動向を示す

 

東証REIT指数は、2020年2月20日を境に暴落しました。

 

新型コロナウイルスによる経済的影響を悲観した投資家が

 

REITを売却したためです。

 

ただし、その後は3月19日に底を打ち大きく反発、4月以降は

 

横ばい傾向へと変わり、比較的落ち着いています(2020年6月10日現在)。

 

今後のREIT市場は、しばらく現在のような横ばい傾向も考えられます。

 

また、経済活動が再開されたので、オフィスや商業施設・物流施設などを

 

対象にしたREITも落ち着くことでしょう。

 

注意すべきポイントとしては、第2波・第3波による

 

外出自粛や営業自粛が再度行われるリスクです。

 

その場合、再びREIT市場も大きく変動する可能性があるため、

 

今のうちにリスク分散や対策を考えておきましょう。

 

REITは複数の不動産を1つの証券にまとめて、

 

証券取引所へ上場している金融商品です。

 

投資信託のように、5万円や10万円といった少額投資が可能です。

 

楽天証券は国内外合わせて186もの豊富なREITファンドを用意しています

 

(2020年6月10日時点)。

 

REIT投資を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

姉妹サイト

page top