cozuchi 投資登録

COZUCHI(コヅチ)

不動産投資利回り

不動産投資利回り

 

利回りとは、投資した金額に対する収益割合を表したものです。

 

不動産投資を始める際、一番気になる「利回り」。

 

投資をするなら、少しでも利回りの高い物件で利益を得たいと

 

考えるのは当然のことです。

 

不動産投資利回り計算

不動産投資利回り計算

 

不動産投資における「利回り」には2つの計算方法があります。

 

基本的には「(年間家賃収入÷物件価格)×100」で算出されます。

 

この計算方法を「表面利回り」と呼びます。

 

表面利回りは年間家賃収入と、物件価格で算出します。

 

実質利回りは、物件購入に必要な経費や年間経費も考慮に入れて算出します。

 

不動産広告やネット上の物件情報に記載されている「利回り」は、

 

「表面利回り」を指す場合が多いです。

 

 

 

 

 

不動産投資利回り 平均

不動産投資利回り 平均

 

都内の平均的な不動産投資の利回りは3%〜3.5%が理想です。

 

表面利回りは物件の価格が安くて、家賃が高ければ高くなります。

 

利回りの意味や平均値をしっかりと把握して、

 

失敗しない不動産投資を行いましょう。

 

不動産投資利回りとは

不動産投資利回りとは

 

利回りとは、投資した金額に対して得られる見込み収益の割合のこと。

 

利回りとは、投資用不動産の運用で得られる年間の見込み収益のことです。

 

利回りの数字によって、どのくらい収益を得ることができる物件なのか、

 

何年ほどで投資資金が回収できるのか、などがわかります。

 

不動産投資利回り 推移

不動産投資利回り 推移

 

不動産投資の利回りの推移

 

2012年1〜3月段階で10.36%であった利回りは、

 

2018年に7.97%まで下落しました。

 

その後若干の回復をするものの、2021年時点では8.13%になっています。

 

不動産価格が高騰している点も他の不動産と変わらず、

 

2012年時点の平均価格が13,130万円でしたが、

 

2021年には15,742万円となっています。

 

不動産投資利回り最低ライン

不動産投資利回り最低ライン

 

一般的には不動産投資の利回りの最低ラインは「5%程度」

 

だと言われています。

 

不動産投資する目的が「安定的な収入を得たい」のであれば、

 

月々副収入を得るために利回りが高い物件を選ばなければいけません。

 

「不動産投資における利回りの最低ラインは10%」と言う方もいますが、

 

一概に正しいとは言えません。

 

利回りの最低ライン10%を正とするかどうかは、投資方針によります。

 

立地や新築・中古、構造などによって物件の利回りの水準は異なります。

 

姉妹サイト

page top