cozuchi 投資登録

COZUCHI(コヅチ)

不動産投資 節税

不動産投資 節税

 

ほかの投資と比べて税制面のメリットが多いと言われている不動産投資。

 

不動産投資での節税に向いている人は給与所得が高い人です。

 

課税所得が900万円を超える人の所得税と住民税の課税率は33%。

 

不動産を売却した時の譲渡税率との差が開くため節税効果が高まります。

 

不動産投資で利益が出た場合、所得税などの税金を納めなければなりません。

 

不動産投資には節税効果がある場合があります。

 

不動産投資をすると、誰にとっても身近な存在である

 

所得税や住民税を節税できます。

 

不動産投資による所得は給与所得と損益通算ができるため、

 

減価償却費などの経費を計上することで、所得税・住民税の節税は可能です。

 

不動産投資 節税 仕組み

不動産投資 節税 仕組み

 

近年、節税手段の一つとして注目されているのが不動産投資です。

 

所得税や住民税のみならず、相続税の節税にも有効なため、

 

「節税目的で不動産投資をする」という人も。

 

不動産投資で利益が出た場合、所得税などの税金を納めなければなりません。

 

不動産投資には節税効果がある場合があります。

 

不動産投資を利用して圧縮できる税として主なものは、「所得税」と「住民税」です。

 

不動産投資をすることで税金を下げることができる!

 

不動産投資による節税は、減価償却費を大きくとることで

 

不動産所得に会計上の赤字をつくり、給与所得と相殺して

 

所得を圧縮する仕組みなので、減価償却費を大きくとることがカギになります。

 

そのため、減価償却費が大きくとれる築古木造物件が最適です。

 

所得税の節税としてよく行われているのが、「木造アパート一棟投資」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

不動産投資 節税 嘘

不動産投資 節税 嘘

 

不動産投資 節税 嘘ではありません!

 

不動産投資をすると節税できるのか?

 

と聞かれれば「半分本当で、半分嘘」という答えになります。

 

「節税」のために不動産投資を始めると失敗する?

 

その原因は税金の仕組みを理解せずに手を出してしまうことにあります。

 

不動産投資で節税効果があるのは所得税・住民税・相続税・贈与税の4種類です。

 

特に相続税と贈与税は節税効果を大きく得られます。

 

サラリーマンの所得税や住民税は主に給与所得から算出されるため、

 

不動産投資の赤字分を給与所得から差し引けば節税につながります。

 

不動産投資 節税効果

不動産投資 節税効果

 

不動産投資をすると、誰にとっても身近な存在である

 

所得税や住民税を節税できます。

 

帳簿上で不動産所得が赤字になれば確定申告時に

 

他の所得と損益通算され、トータルの課税額が低くなります。

 

適切に経費計上することで本来払う必要のない税金を払ってしまう

 

リスクを回避できますので、おおまかな仕組みを把握しておきましょう。

 

不動産投資 節税 シミュレーション

不動産投資 節税 シミュレーション

 

不動産投資でシミュレーションは大切!

 

節税シミュレーション

 

不動産投資の節税シミュレーションをする前に、

 

収支の見込みを確認しておきましょう。

 

物件に関する情報を集め、想定家賃収入、諸経費率などを

 

算出する必要があります。

 

また、所得税・住民税の仕組みや税率も節税のシミュレーションを

 

する際に役立つ知識です。

 

物件の条件からシミュレーションするとき

 

節税できるかを確認する前に、物件の条件をもとに

 

収支をシミュレーションしておきましょう。

 

特に運用シミュレーションをしておけば、不動産を購入する前に

 

必要になる資金について概要を把握できます。

 

所得税のシミュレーション方法

 

所得税は、年間の所得に応じて課せられることが特徴です。

 

税率は過累進税率を採用しており、高所得者ほど課税額も高くなります。

 

所得とは、収入から経費を差し引いた金額のことで、不動産投資では

 

「家賃などの収入-経費」が不動産所得額です。

 

速算表を用いた所得税額の計算式は「課税所得額×税率-控除額」で求められます。

 

住民税のシミュレーション方法

 

住民税は、都道府県や市区町村に納める税金です。

 

住民税の所得割は年間の所得に応じて算出され、翌年に徴収されます。

 

住民税の計算方法は、「均等割」と「所得割」の合計です。

 

・均等割:一律で差し引かれる※自治体により金額が異なる場合がある

 

・所得割:課税所得に応じて課税

 

不動産投資 節税 年収

不動産投資 節税 年収

 

不動産投資での節税に向いている人は、

 

「課税所得が900万円、年収の目安は1200万円を超えている人」です。

 

不動産投資 節税 2年目

不動産投資 節税 2年目

 

仮に新築区分マンションに投資した場合、節税効果を感じられるのは

 

1年目だけでしょう。

 

2年目以降は、「登記費用」などのマンション購入にかかった諸費用を

 

経費計上できなくなるからです。

 

また、毎年節税効果が薄まると共に、家賃収入で全体の収入が

 

上がってしまうこともあります。

 

不動産投資 節税 サラリーマン

不動産投資 節税 サラリーマン

 

サラリーマンによる不動産投資は、将来の資産形成や

 

安定収入を得ることができるだけでなく、所得税や住民税などの

 

節税対策にもなります。

 

減価償却費により不動産投資に赤字が生じると、

 

給与所得の課税所得額を減らすことができ、所得税や住民税を節税できます。

 

年間の課税所得が900万円以下のサラリーマンは

 

節税目的での不動産投資はおすすめしません。

 

不動産投資 節税 法人

不動産投資 節税 法人

 

不動産投資も法人の節税対策として有効です。

 

事業用不動産を取得し、減価償却費を計上して

 

法人の課税所得を減らすことで、節税効果が得られます。

 

不動産投資 節税 経費

不動産投資 節税 経費

 

不動産投資では、減価償却費といった経費を

 

うまく活用することで所得税の節税効果が期待できる

 

というメリットがあります。

 

所得税・住民税で節税ができる理由は、減価償却費の経費で

 

給与所得の利益が減るため、税金が低くなるという仕組みです。

 

事業物件は築年数の経過によって価値が減少していくとされています。

 

そのため、物件の耐用年数に応じて経費を計上することができます。

 

木造物件の法定耐用年数は22年、鉄骨造は34年、RC造は47年です。

 

実際には支出がないにもかかわらず帳簿上の利益を減らせるため、

 

節税対策に役立ちます。

 

姉妹サイト

page top